本文へスキップ


クール百音 -Choeur Mone-

プロフィールPROFILE

児島 百代(指揮)


東京藝術大学声楽科を卒業後、北鎌倉女子学園教諭となり、生徒に合唱の喜びを教えながら32歳の時、中学音楽コース・高校声楽科を設立し、音楽主事として1998年に定年退職するまで音楽大学志望の生徒の専門教育をしながら、北鎌倉女子学園コーラス部を指揮、県代表として毎年関東大会に出場し、全国大会にも四回出場。退職後、1999年声楽の教え子たちに支えられて《百音の会》を結成してからは、年二回テーマのあるコンサートを企画し、会員と共に歌・芝居・ナレーター・指揮などで自らも出演。2004年6月に声楽、合唱の教え子を集めて《クール百音》を発足。2005年には関東合唱コンクールで金賞に輝いた。現在、クール百音、大船混声合唱団、西鎌倉混声コーラス、カトリック雪ノ下教会聖歌隊、鎌倉コールの指揮者。鎌倉合唱連盟理事長。
著書に、「ももは歌い、詩う(私の心の軌跡)」〜かまくら春秋社/2010年12月発行〜がある。


浦畑 博美(指揮)


北鎌倉女子学園高等学校音楽科卒業。東京藝術大学声楽科卒業。中村浩子、児島百代の各氏に師事。ソロ活動の他、合唱指揮、ヴォイストレーナーとして活躍。現在、クール百音、ヤマハミュージック東京「女性のための合唱教室」、山崎小学校PTAコーラス部、アンサンブル・コラージュ、ミューズ(MUSE)、由比コーラス、大船混声合唱団副指揮、その他の団体のヴォイストレーナーとして指導に当たる。コンセール・C、百音の会、鎌倉音楽クラブ各会員。


田中 久美(ピアノ)


北鎌倉女子学園中学高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。現在、ソロ・歌曲・室内楽・ピアノデュオの演奏会等に多数出演し、様々な楽器とのアンサンブルのピアノ奏者として演奏の場を広めている。合唱分野においても積極的に取り組み神奈川県内外で複数の専属ピアニストを務める。ピアノを児玉康子、田近完、舘美佐子、北村陽子、Sharon Rogers各氏に、室内楽を白石隆生、藤井一興各氏に師事。全日本ピアノ指導者協会会員、歌曲アンサンブル研究会会員。クール百音では2004年よりピアニストとして活動している。